最新設備


パッケージ型自動消化設備 スプリネックス

本院ではスプリンクラー等、施設整備事業費補助により パッケージ型自動消炎設備スプリネックス(FSSM500Ⅱ型)を導入しました。


コンパクトで無害の消火薬剤がもたらす安全で効率的な消化の可能性
スプリンクラー設備と同等以上の防火安全性能を生む、高性能消火ユニット。

設置基準「見直し」へ動き出しています!


水道連結型スプリンクラーより最適な選択肢があります。それがスプリネックスです。

スプリネックスの作動フロー

スプリネックスの作動フロー 感知器1作動→感知器2作動→消火設備作動→消火薬剤放射→消火

スプリネックス系統図 FSSM500Ⅱ型


ページトップへ