最新設備


Discovery XR650

イメージ

▼画像をクリックしていただくと、拡大してご覧いただけます。

Volume RAD (トモシンセシス)

スピーディかつ高画質の断層像をVolume RADで描き出す事が出来ます。

胸部正面 VolumeRAD撮影像
低線量・高画質で骨などの重なりのない画像が得られます

大腿骨単純撮影像 大腿骨VolumeRAD撮影像
固定用金属プレートや人工関節からの金属アーチファクトの影響が少なく、より明瞭に仮骨化の評価が可能です。

イメージ

足根骨 Volume RAD撮影像
単純撮影で把握できない3次元構造を各レベルでの断面像で把握できます

デュアルエナジーサブトラクション

軟部組織と骨組織をそれぞれ自在に表現。
2種類のX線エネルギーが可能にした先進の視力。

2種類の異なる管電圧で撮影した2枚の撮影データから、エネルギー差による情報を差し引きすることで、単純画像に加え、骨を除いた軟部組織画像、および骨組織画像を作成します。この撮影法により、骨とかさなり合った胸部異常陰影を判別出来、胸部検診に有用です。

オートポジショニング機能、タッチパネルスクリーン、オートラッキング機能、電動立位撮影台、赤外線リモコンなどの種々のオート機能を有し、一般撮影のプロセスにおける検査効率を改善し、従来のCRと比較し、検査時間を約2分の1に短縮、さらに放射線量を低下し、患者様にやさしい撮影になっています。

イメージ
胸部単純正面
イメージ
エナジーサブトラクション:軟部組織画像
イメージ
エナジーサブトラクション:骨組織画像

ページトップへ