概要


院長より

イメージ

ごあいさつ

はじめに

これまで内科疾患に関して、専門知識や設備の問題で大病院や専門医でなくては診断できなかった疾患を、地域医療に根ざした形で、またより身近な形で、迅速に、総合的に診断・判断する体制を構築してまいりました。また、当医院の医療方針は、患者とドクターは『一対一』を信条とし、『一人の患者に一人のドクター』での対応を行います。より的確な診断を行うには、すべての診療情報が複数でなく完全に一人のドクターに集約されるべきだといえます。また、より高度な医療と治療が必要と判断された場合の、事後措置において、大病院、専門病院とのネットワークを駆使することにより、診療から治療の強固な連携を可能とします。

医療理念

人の幸せの要素で、第一に『健康』があげられます。このような、ストレスの多い現代、心から体の病を引き起こす事がしばしばあります。私は、本当の予防医療とは『心の余裕』の中に潜んでいると考えます。しかし『体の病』は心だけでは治癒できるものでないことが多いことも否めません。『体の病』に気付いたその時に、徹底的に検査をすることが不安を取り除き、『心の余裕』を得ることにも繋がるのです。身近な医療施設にも、徹底した疾患を特定する『検査体制』があることは、地域の皆様の『心の健康』を守る上でも大いに重要なことであると考え、地域医療の発展と皆様の健康維持向上に向け、お役に立てる様今後も力を入れて行きます。 院長

居宅介護支援事業所を平成11年9月より開始しており、介護が必要な利用者に対して介護計画を作成し、介護保健サービスを活用し、住み慣れた自宅で安心した日常生活を送れるよう支援しています。平成14年から、デイ・サービス、グループホームの2施設を開設いたしました。医療と介護の一体を主眼とした当院の医療体制は、さらに向上いたしました。平成18年に小規模多機能事業所を、平成21年には有料老人ホームを、平成23年にはサービス付き高齢者向け住宅を開設し、今後も、地域医療及び介護の中核として皆様の健康・介護をお守り・支援いたします。

医療法人社団 城山会
池田内科医院 理事長 池田 俊

院長経歴

院長 池田 俊
◆ 略歴 ◆
昭和48年3月 熊本大学医学部卒業
昭和48年7月~
昭和53年9月
熊本大学付属病院 第一内科にて研修医及び医局員として、呼吸、循環器、消化器、神経疾患の研修を行う。
昭和53年10月 国立療養所豊福園内科勤務
昭和54年4月 国立療養所熊本南病院内科勤務
昭和57年1月 国立療養所再春荘病院内科勤務
平成2年4月 熊本市西区城山下代町にて
池田内科医院 開業
◆ 資格 ◆
医学博士
介護支援専門員
認知症サポート医

ページトップへ